遠距離恋愛で電話の話題や頻度のコツ!会話の内容がキーポイント

遠距離恋愛は、会うだけでも大変です。
でも、好きな人とは毎日連絡は取り合いたいもの。

電話で話すのは、遠く離れている時でも
ホッとできるので大切なツールですね。

メールやLNEメッセージ
簡単に言葉のやり取りはできるけど
やっぱり声を聞くのとは違います。

じつは遠距離恋愛しているカップルの方が
電話やSkypeで会話している頻度が高いという
データがあるんですよ。

遠距離恋愛を上手く長続きさせるために
電話というツールがどれほど大切なのか
探ってみることにしましょう。

遠距離恋愛中の電話の頻度

毎日のように気軽にデートしている
近距離カップルは、
実際に会っている時間があるので
電話で話すことはかなり少なくても当然です。

ただ、

日頃から会うことが当然のカップルは
忙しくて会えない日が続いたとしても
電話を使って話すよりも、メールなどで
連絡を取り合うだけで済ませてしまうのです。

遠距離恋愛では、
メールやLINEで連絡をするよりも

顔を見て話せないだけに、電話の声で
お互いの気持ちを確認し合う
必要を感じるのでしょう。

メールやLINEは便利なものですが、
文字だけで心の動きを探ることは難しいです。

声に現れる表情を読み取れる電話は
遠距離恋愛には欠かせないものとなっています。

LINEやメールノウハウはこちら

 

毎日の日課にするのはNG?

遠距離恋愛を長く続かせるためには、
離れていることをできるだけ負担に感じずに
お互いの日常を楽しむことがポイントです。

だから、毎日長い時間
ダラダラと電話で話すのは危険です。

どんなに楽しく話していても
会えないことで寂しさが募るだけになると
徐々に電話する時間がツラい時間になります。

そして、最初から
毎日必ず電話すること」と
約束してしまうのも危険です。

都合が悪くて電話できない時に
ケンカになる可能性もありますし、

もしかして、他に好きな人が?」と
余計なことを考えるきっかけになります。

電話で毎日声を聞きたいのなら
夜寝る前の「おやすみ」を言うだけの
数分程度の短い電話にしましょう。

長い時間かけて話すのは
週に1回程度にすると
お互いに会話することが途切れることもなく
楽しい電話デートになると思います。

恋愛のトークについては、
こちらでまとめてあります。

モテる会話ノウハウ

 

理想的な電話の内容は?

離れている時間にお互いが
どのような生活をしているか。

それが気になってしまうのは当然です。

不安にさせないためにも
会っていない時にどんなことをして過ごしたか
報告し合える内容が一般的ですが、

細かく報告し過ぎてしまうと
逆に心配させてしまうこともあります。

大切なのは、離れている時間が寂しくても
落ち込んでばかりではなく、

自分の時間をしっかり楽しんで生活していることを
相手に伝えて、安心させてあげることです。

やせ我慢して「一人でも全然平気だよ」なんて
強がる必要はありませんが、

傍にいてあげられないことを
後ろめたく感じさせるような暗い様子
ばかりをアピールするのはやめましょう。

 

まとめ

遠距離恋愛は、毎日会えるカップルよりも
ハードルが高くなることは覚悟の上でしょう。

だからこそ、電話で声を聞けることだけでも
嬉しく感じるのではないでしょうか。

大変なことも沢山ありますが、
二人で乗り越えられるといいですね。

遠距離恋愛に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっとよろしくね~!

嬉しくなったら最高のノウハウまで言っちゃうかも?

ジョンのブログは今何位?

出会い系ノウハウに関する無料相談のご案内

ジョンは今まで様々な出会い系のノウハウや
テクニック論をたくさん見てきました。

中には、初心者の方には実践が難しかったり、
理解しにくいもの、誇大な表現をしていたりといった
ものもたくさんありました。

そのため、
ジョンはセールスページなどを見るだけで、
どのような内容か、実践できるかどうかなど
だいたいのことは予想できます。

しかし、出会い系の教材やノウハウを
初めて購入するという方には、
どれが自分に合ったものか判断が難しいかと思います。

また、入り口をちゃんとすることによって、
遠回りせずに、出会えたり、モテたりすることも可能です。

そこで出会い系の教材の購入やアプリでお悩みでしたら
下記にお問い合わせフォームをご用意しましたので、
下記4つの項目を記入し、フォームからご連絡ください。

  1. 過去に購入したことがある出会い系教材やアプリ
  2. 購入した教材での成果は?
  3. 教材を購入するためのご予算
  4. 具体的な相談内容、お悩み






【期間限定】200人切りノウハウ無料メール講座